ブログトップ
22歳が生意気に考える
英語で書きよったのに全部とんだ。悲しすぎる。
なので日本語オンリー。


最近『若者はなぜ3年で辞めるのか』を読みよる。
同世代の話やし、他人事ではない。
まだ途中やけど、印象として、

・日本的な企業は、年功序列でポスト職候補の人が山ほどおって、出世は頭打ち。しかも高給取り。残業代つかんから、仕事は部下達へ回す。若者に未来はなく、採用1つ取り上げても会社は都合が良すぎ。既卒への扱い、氷河期があったと思いきや、今になって人材確保に躍起になっとる。団塊世代が一気におらんくなるんやわかりきったことなのに。

・政治家は自分のポストを守るために、わざわざ下の世代のためにリスク負って改革やせず、その場しのぎで、結局いろんなツケを若者に回す。

とにかく、2つの悪、という印象。
何か、人間て保身に走るんやなって思った。
保身に走る敵は大体強くて、一生懸命な人が報われんことって多々ある。
政治の世界ってそんな感じなんかなって、ちょっとひねくれてみる。

そりゃ政治家には採用とか年金とかあんま関係ないよね。
年金払って、支給額が少なくなるんはまぁいいけどさ、
ちゃんと税金なりいろんな予算を有効に使ってよ。

団塊の世代で今後を話し合われても。。。と反発精神を持ってしまった、
イライラな夜なのでした。
[PR]
by Ypekopoko | 2007-05-07 23:48 | ライフ